タイシ、タイシで、たいした奴ら

花冷えの4/8。
なべちゃんは、亀山に行ってきました。
Marionette in 亀山 vol.2でした。
マリオネットはおしゃべりの上手な男性奏者二人組の、
いや、
楽器の上手な咄家二人組の、
ポルトガルギター、マンドリンのアコースティックユニットです。
20年ぐらい続けているらしく、各界の著名人と活動を共にしたり、皆さんの耳に届く音楽をさりげなく作っていたり、ポルトガル大使館から賞を貰ったり
ゆすはら未来大使になったりと
タイシた人たち(だって、トークでそう言ったんだもんっ!)なのだそーです。

演奏は、さておいて(素晴らしいので、説明するまでない、といいたいのに、うまく言えなくて、ごめんなさい💦)
弦を巻くところが糸巻きのような形で
あれだと、ピッチが下がりにくいのかや?とか、考えたり、
親指と人差し指に別々のピックをテーピングで巻き付けて、挙げ句、それぞれの指に、ピッキングとトレモロを別々に同時に科す、というひどく自虐的なスペシャル奏法をされていて、
とてつもなくへとへとです、といってるわりに、音色はへこたれず、アンコール二曲を含め、とても楽しいコンサートでした。
二人の背面には、プロのカメラマンの画像で綴られた画像が流れ、異国情緒を旅行気分にまで高めてくれていました。

二時間近くかけて出掛けた甲斐があったと言うものです。

ミーツでも、みんなが笑顔で帰られる素敵な演奏会をしたいものです✨✨

そんな私たちと、一緒に音楽を奏でませんか?
「ミーツ マンドリン」で検索。

ほんじつは、これにて。
ドラのなべちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です